あなたは勘違いしていない?破産と倒産の違いについて

 

破産と倒産って、一見すると同じように思いますよね。

 

破産や倒産以外に、破綻や廃業なども、それぞれ意味が違ってきます。

 

自己破産を検討中の方は、破産と倒産、
廃業などの違いもきちんと理解しておきましょう。

 

 

 

破産とは、総資産を持っていても起こることで、
返済が困難になり、支払い不能になることを言います。

 

法律上、債権者に返済する手続きのことを言い、
経済的に厳しくなることを言います。

 

一方で倒産とは、経済破綻のことを言います。

 

そのため、「自己破産」だけでなく、民事再生や会社更生、
私的整理などすべて含まれます。

 

ちなみに、「事実上破産」とは、
半年以内に2回手形不渡りを出している場合に使います。

 

この時「銀行取引停止処分」になります。

 

 

また、倒産という言葉は、法律的にはあまり使われていませんでした。

 

さらに言うなら、倒産を使う場合、大半は中小企業倒産防止法などで。

 

そのため、ほとんどの場合法律では「破産」という言葉を使います。

 

 

 

倒産には大きく2つの種類があります。

 

1つは、「清算型」
2つは、「再建型」

 

です。

 

前者は事業停止・企業を清算する手続きのことを言います。

 

後者は事業は継続しており、企業の存続をする手続きのことです。

 

一押しサイト

 

カードローン 踏み倒し