知っておくと助かる破産手続きの流れについて

 

破産とは、いわゆる「自己破産」のこと。

 

自己破産とは債務整理のひとつで、
借金の支払いが困難になった場合の最終手段になります。

 

任意整理や個人再生でも借金問題が解決できない場合など、
破産される方は少なくないと言います。

 

また、任意整理や個人再生での支払いが困難になった場合でも、
破産へ移行することもできます。

 

 

破産をするには、当然《手続き》が必要になります。

 

現在新破産法により、2つの方法で申立てを行っていきます。

 

 

 

以下、破産の流れです。

 

1.必要書類を管轄する地方裁判所に提出します。

 

すぐに結果は出ません。
最低でも1か月は待つ必要があり、即日面談は即日に可能です。

 

 

2.破産審問

 

免責不許可事由に該当しないか調べます。

 

 

3.破産手続きの開始

 

破産管財人が選任されますが、
選任されない場合は、「同時廃止」となります。

 

 

 

ここから、2つの流れになります。

 

破産管財人が選任され、管財事件になった場合は、
破産管財人によって財産を管理・処分します。

 

そして、債権者集会が行われ、債権確定→配当→破産手続き終了となります。

 

終了後は、免責の審問が行われますが、
ほとんどの場合「新破産法」によって行われません。

 

最後に、免責不許可決定が下されます。

 

 

同時廃止になった場合は、1か月〜2か月待つことになります。

 

免責の審問が行われたのち、「免責許可の決定」「官報に掲載」で終了になります。

 

 

・一押しサイト

 

借金地獄

 

借金の返済に困り、借金地獄に陥ってしまった場合の対処方法について詳しくまとまっています。

 

もし借金地獄にはまってしまった場合には一度読んでみる価値のある記事ですよ。