破産における預金相殺とは一体なに?

 

自己破産をする上で、注意しなければいけないことがいくつかあります。

 

そのなかのひとつに、”預金相殺”があります。

 

預金相殺は、破産をして口座が凍結した場合に起こります。

 

 

 

たとえば、弁護士の受任通知が銀行へ届き、
凍結された口座に入金があったとしましょう。

 

この場合、法律上「預金相殺」をすることは禁じられています。

 

しかし、銀行側は破産について詳しい人はいません。

 

法律の専門でない限り、無知な方がほとんどです。

 

そのため、相殺禁止を理解してもらうことは非常に難しいこと。

 

また、たとえ理解してもらったとしても、
後にあった入金の引き出しは判断しかねます。

 

さらに、保証協会の了解を得たとしても、
破産申し立ての前の引き出しには応じないところが大半です。

 

 

となると、未回収の売掛金や破産費用に充当するお金も
凍結されたままで無駄になってしまいます。

 

ですから、破産手続きをする前に、
預金相殺もきちんと考えておかなければいけません。

 

 

回避するためには、弁護士介入の時点でタイミングを計算しておきましょう。

 

もし未回収の売掛金の支払い期間まで余裕がある方は、
取引先や弁護士の預金口座へ、振り込みの請求をすることができます。

 

 

一押しサイト

 

カードローン 滞納

 

カードローンの返済を滞納してしまった場合について詳しく解説しています。

 

カードローンの返済が苦しい場合には、対処方法も書いてあるので、一度読んでおいた方がいいですよ。