自己破産はいくらからできる?100万円以下では無理なの?

借金の返済ができない状況に陥った時、まず考えるのは自己破産だと思います。

 

ただ自己破産はいくらからできるのか?って気になりますよね。

 

100万円からできるのか?
200万円からできるのか?
1000万円からできるのか?

 

もしかしたら自己破産は結構大きな金額からじゃないとできないと思っているかもしれません。

 

 

でも、結論を話しますと、自己破産ができるかどうかに借金額は関係ありません。

 

返済不能な状況に陥っているなら、いくらからでも自己破産できます。

 

100万円以下の借金でも返済することは不可能な状況にあれば、自己破産はできます。

 

 

 

自己破産は借金に苦しんでいる人の救済措置という側面がありますからね。

 

借金が原因で自殺する人をなくすためにも、金額による制限はないのです。

 

 

 

ただもう少し現実的な話をしますと

 

少額の借金の場合は、自己破産をせずに済むことがあります。

 

 

自己破産以外にも借金を減らす方法があるのです。

 

例えば、任意整理を行えば、最低でも利息がかからなくなり元本だけの返済で済みます。

 

利息がなくなるので着実に借金を減らすことができるわけです。

 

ただ任意整理は3〜5年で返済するというのが基本です。

 

 

ただその期間で返済できそうにない場合でも、個人再生で借金を減らす方法もあります。

 

 

このように借金の減額方法はいくつかあります。

 

素人考えでは自己破産するしかないと思っていても、自己破産をせずに済むこともあるので、まずは弁護士に相談することをお勧めします。