どうしよう!破産者の保証人になってしまった場合

 

破産者は、身近に保証人がいる方も少なくないでしょう。

 

保証人になってしまうということは、
保証になった本人が破産してしまった場合、
同じように責任を取らなければいけないのでしょうか?

 

 

 

結論から言いますと、債務者が破産してしまうと、
保証人も影響を受けることになります。

 

もちろん、債務者と同じような責任を負うことはありません。

 

それでも、債務者が破産の免責をすると、
保証人に借金の督促が集中しますから、大きな迷惑になります。

 

 

しかし、だからといって支払いの能力がないまま、どんどん利息が増え、
借金が返済できないでいると大変なことになります。

 

任意整理や個人再生は、返済の余地がある場合。

 

破産はそれさえできない状態ですから、
保証人がいても、早めに借金を解決する必要があります。

 

 

 

もちろん、その際はきちんと保証人にその旨を伝えなければいけません。

 

無断で破産の免責をし、知らず知らずのうちに保証人に督促が集中してしまっては、
破産者と保証人の間でトラブルに遭い兼ねません。

 

ですから、破産の申し立てを考えている方は、必ず保証人に伝えましょう。