自己破産の時効ってあるの?時効の有無と期間について

破産手続きをすると、「官報」に掲載されます。

 

そのため、クレジットカードを作ることも、
ローンを組むことも、新たに借入をすることも難しくなります。

 

 

また、信用情報機関に登録されますから、
登録されている期間は当然前途のことは行えません。

 

登録されている期間は、一般的には5年〜7年と言われています。

 

しかし、実際は10年であることがほとんど。

 

10年経過しても、借り入れができないことのほうが多いでしょう。

 

 

よって、明確な時効は決まっていません。

 

おおよそでは、5年〜10年と考えておくと良いですが、
何せ「破産」ですから、そう簡単に時効になることはありません。

 

 

 

ちなみに、借金にも「時効」というものが存在します。

 

これを《消滅時効》と言い、借入をしても一定期間返済をしていない場合、
時効となると言われています。

 

借金をしている者にとっては助かりますが、
時効が成立するまでの道のりは決して簡単ではありません。

 

一般的には、5年で消滅時効になると言われていますが、成立させるためには、
内容証明郵便で時効の援用通知を金融業者に送らあければいけません。