不動産が任意売却すると破産手続きはできないのか?

 

破産手続きは、状況によってはできない場合があります。

 

気になるのが、不動産です。

 

不動産を任意売却した場合、破産の申し立てはできるのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、【可能】です。

 

破産手続きとは、「自己破産」のこと。

 

破産法という法律によって定められており、
今保有している財産をすべて受け渡すことになります。

 

それによって、借金の問題を解決してくれます。

 

これが自己破産と言います。

 

 

冒頭でも述べたように、自己破産の申し立ては、どんな状況でも可能です。

 

しかし、その申し立てが認められる場合とそうでない場合があります。

 

任意売却の場合、それには含まれませんから、
自己破産の申し立ては十分可能になります。

 

 

 

ちなみに、「任意売却」とは住宅ローンを組んだ後に不動産を購入し、
ローンが滞納・返済困難に陥った場合の手続きのことを言います。

 

強制的な手続きではありませんが、支払いが停まってしまった場合、
将来的に不動産競売は避けることはできません。

 

 

おすすめサイト

 

自動車ローン 払えない