破産手続きにおける廃止決定とはどんなもの?

 

破産手続きは、スムーズにいけばそのまま自己破産が決定しますが、
場合によっては廃止決定することもあります。

 

この【廃止決定】、どんなものかというと、破産を廃止することを言います。

 

破産財団が手続きにおける費用をまかなうことができず、
破産債権者に配当できない場合、破産手続きを終了することを言います。

 

廃止決定は、同意のもと廃止する場合と、そうでない場合があります。

 

そうでない場合は、前途のとおりの方法で廃止決定します。

 

同意のもと廃止決定する場合は「異時廃止」と言い、
破産手続き開始後になされます。

 

 

 

そもそも自己破産は、

 

●破産手続き開始申し立て
●免責許可申し立て

 

 

の2つを同時に行うことを言います。

 

そして、「破産手続き」とは資産を清算する手続きのことを言います。

 

 

また、破産廃止決定が下された場合、
そのあとに「免責許可」の手続きへと移ることになります。

 

免責許可の手続きは、期間を定め免責の意見を申し出ます。

 

その期間に意見がなければ、裁判官が免責許可を決定します。

 

 

自己破産を検討中の方は、廃止決定についても知っておきましょう。

 

一押しサイト

 

自動車ローン 滞納