破産をしたら銀行口座はどうなってしまう?

自己破産は、任意整理や個人再生とは異なります。

 

もちろん、債務整理はどれも借金の解決の進め方が違います。

 

 

自己破産の場合、財産を失うというイメージが強く、
債務整理の中でも「最終手段」と考えている方が多いのではないでしょうか?

 

また、自己破産は信用情報機関に登録される期間も長いと言われています。

 

その期間は、なんと10年。

 

 

 

でも、10年経ってもクレジットカードが作れない、
ローンを組めないというケースは多々あります。

 

 

借金を0にすることは助かりますが、
その分背負うリスクは大きいと言えるでしょう。

 

 

また、気になるのが「銀行口座」です。

 

破産をしてしまうと、所持している銀行口座はどうなってしまうのでしょうか?

 

まず、《凍結》されます。

 

凍結されるということは、使用している銀行口座が使えなくなるということ。

 

たとえ残金があっても、凍結されると相殺されてしまいます。

 

 

ですから、破産を考えている方は、
手続きをする前に口座に残っているお金を確認し、引き出しておく必要があります。

 

万が一凍結された後に気づいても、時すでに遅し。

 

銀行側は引き出しに応じてくれませんから、気をつけましょう。