破産手続きをすると官報に掲載される?

破産をすると、一般的に言われているのが”官報への掲載”です。

 

任意整理や個人再生では官報への掲載はありませんが、

 

自己破産はどうしても官報に掲載されるというデメリットが付いてきます。

 

この「官報」とは一体何なのでしょうか?

 

 

 

官報とは、国が発行している新聞のようなもののこと。

 

この新聞には、法律や政令等の制定・改正などの情報が掲載されています。

 

破産手続きをすると、この「官報」に掲載されることになります。

 

 

掲載される情報は、

 

・事件番号
・氏名
・住所
・決定日時
・決定内容
・破産管財人の氏名
・債権届出(期間)
・次回期日に内容と場所
・管轄裁判所

 

 

以上になります。

 

 

しかし、官報は一般の人が見るようなものではありません。

 

よく「官報に載る=周囲にバレる」と考える方が多いですが、ほとんどの場合、官報に載ったからといって周囲にバレるわけではありません。

 

また、掲載される期間は1週間程度。

 

現在はインターネットもありますから、官報の新聞だけでなく、ネットでも掲載されることになります。

 

 

官報に載るからと言って、必ずバレるわけではありませんが、一生秘密にすることは難しいかもしれませんね。