自己破産で債権者が異議申し立てをした場合

 

自己破産における債権者の異議申し立ては、自分で破産手続きをした場合に起こりやすいと言われています。

 

そのため、自分で破産手続きをすることを避け、弁護士に依頼される方が多いと言います。

 

 

でも、本当に自分で破産手続きをすると、債権者からの異議申し立てはあるのでしょうか?

 

 

 

一般的に、債権者は破産申し立て人に不服を裁判所に異議申し立てすることが可能です。

 

そのため、前途は「Yes」となります。

 

弁護士に依頼をし、破産手続きをした場合は、そういったケースは滅多にありません。

 

しかし、自分で手続きを行った場合、債権者はその内容に不服に思い、異議申し立てで意見抗告するケースが多いと言われています。

 

 

ただ、異議申し立てをするためには、きちんとした証拠と理由が求められます。

 

よって、債権者の勝手な理由での異議申し立ては、当然不可能。

 

先ほど、破産手続きにおける債権者の異議申し立てが多いと言いましたが、実際はそれほど多いくはないと言われています。

 

 

稀なケースではありますが、債権者が知人であった場合。

 

個人的な付き合いもあり、申立人がギャンブルや豪遊で自己破産を申告した場合は、異議申し立てが可能です。