自己破産をしたから免責扱いになるとは限らない?

 

自己破産をしたからと言って、かならずしも「免責」の許可が下りるとは限りません。

 

場合によっては、免責の許可が下りない「免責不許可決定」というのもあります。

 

これは、借金支払いの義務がなくならないことを言います。

 

 

 

一般的に、自己破産は借金返済の義務がなくなります。

 

要するに、借金を返済しなくて良いということ。

 

しかし、免責不許可決定になると、借金支払いの義務がなくなりませんから、
当然自己破産でも借金は残ってしまいます。

 

 

このように、免責不許可決定で借金の支払いが残った場合、
ある「原因」があります。

 

大半は、ギャンブルや浪費によって借金になり、
自己破産手続きを行った場合に免責不許可が下ります。

 

ですから、それ以外が原因で自己破産をした場合、
免責不許可になることは少ないでしょう。

 

自己破産はどんな借金でも手続きができますが、
免責の許可が下りる場合と下りない場合があるということを理解しておきましょう。

 

 

 

ただ、免責になったからといって安心はできません。

 

一般的に、免責の法的性質は「自然債務」と「債務消滅」の2種類あります。

 

自然債務とは、借金返済の責任が消滅するだけで、
自然債務として残存してしまいます。

 

しかし債務消滅は債務そのものが消滅します。

 

 

一押しサイト

 

キャッシング 返済できない