罰金は破産をしても免責されないってホント?

 

はい、本当です。
自己破産は、”すべての財産をゼロにする”と思われがちですが、
決してそうではありません。

 

そこをきちんと理解し、破産の申し立てをする必要があります。

 

 

ここでは「罰金」の場合について説明しますが、
他にも税金や社会保険なども免責対象外になります。

 

罰金があっても破産の申し立てはできますが、
免責が免除されるかと言ったら話は違います。

 

自己破産は、免責許可の決定を受けることで、
免除されることになります。

 

そのため、当然許可が決定されないこともあり、
それを「免責不許可決定」と言います。

 

 

また、免責の許可決定を受けても、罰金は免除されないことになります。

 

よって、罰金がある場合は責任をもって返金をしなければいけません。

 

 

 

自己破産でも、すべての借金が残ってしまう場合、
免責の対象外になっていることがほとんどです。

 

こういったケースがありますから、すぐに自己破産を選択しないこと。

 

債務整理には、自己破産以外にも任意整理や個人再生などもあります。

 

これらは支払いの見通しがある場合ですが、
仕事をしていて少しでも払える余地がある方は、
自己破産以外の手段をとることをオススメします。

 

 

・一押しサイト

 

パチンコ 負けすぎ