慰謝料は破産手続きをしても免責にならない?

自己破産は、必ずしも免責を受けられるわけではありません。

 

どんな借金状況でも、申し立てをすることは可能ですが、
=免責を受けられるかといったら、そうではありません。

 

ついつい、借金をしても「自己破産があるから」と甘く考えがちですが、自己破産はとてもリスクの大きいもの。

 

決して、安易にできる手続きではありません。

 

 

 

慰謝料は、破産の免責にならない「非免責債権」になると言われています。

 

これは、破産法253号1項に規定しています。

 

慰謝料の場合は「2号」になり、”破産者が悪意で加えた不法行為に基づいた損害賠償請求権”です。

 

もちろん、慰謝料に限ったことではありません。

 

 

 

たとえば、妻が浮気をした夫に慰謝料を求める場合、不法行為に基づいた損害賠償請求になります。

 

しかし、夫が積極的に妻を害する意思がなければ、”悪意で加えた”ことにならないため、非免責債権にはなりません。

 

 

慰謝料で免責が受けられないのは、あくまで”悪意があった場合”のみ。

 

そうでない限り、慰謝料請求権でも免責を受けることはできます。

 

 

他にも、さまざまな損害賠償請求権で非免責債権になります。