自己破産の免責について記事一覧

自己破産をするときには、どんな理由で借金をしたのか?がとても重要になってきます。借金理由によっては、免責が下りないことがあります。例えば、ギャンブルによる借金の場合は免責が認められません。自己破産をして裁判所に免責が認められて初めて借金をチャラにすることができます。誰でも自己破産をすれば借金がチャラになるわけではないのです。それで株やFX、不動産などの投資で失敗した場合、免責は認められるのでしょう...

自己破産は、必ずしも免責を受けられるわけではありません。どんな借金状況でも、申し立てをすることは可能ですが、=免責を受けられるかといったら、そうではありません。ついつい、借金をしても「自己破産があるから」と甘く考えがちですが、自己破産はとてもリスクの大きいもの。決して、安易にできる手続きではありません。慰謝料は、破産の免責にならない「非免責債権」になると言われています。これは、破産法253号1項に...

自己破産=財産が処分される。というのは、ほとんどの方がイメージしていると思います。実際に、自己破産は任意整理や個人再生とは違い、借金の支払い義務がなくなると同時に財産を失います。それは事実なのですが、決して”すべての財産”ではないのです。なかには、処分しなくても良い財産も存在します。それが、「自由財産」というものです。自由財産は、たとえ破産で財産が処分されても、きちんと残る財産のことを言います。要...

自己破産をしても、免責を受けられる場合とそうでない場合があります。免責を受けられると、自己破産をスタートさせることができます。しかし、免責が受けられないと、自己破産をしても借金が残ってしまう場合があります。この、免責が受けられないことを、《免責不許可決定》と言います。免責不許可決定とは、借金の支払い義務がなくならないこと。通常、自己破産をすると借金の支払い義務はなくなります。これは、免責許可が決定...

はい、本当です。自己破産は、”すべての財産をゼロにする”と思われがちですが、決してそうではありません。そこをきちんと理解し、破産の申し立てをする必要があります。ここでは「罰金」の場合について説明しますが、他にも税金や社会保険なども免責対象外になります。罰金があっても破産の申し立てはできますが、免責が免除されるかと言ったら話は違います。自己破産は、免責許可の決定を受けることで、免除されることになりま...

自己破産をしたからと言って、かならずしも「免責」の許可が下りるとは限りません。場合によっては、免責の許可が下りない「免責不許可決定」というのもあります。これは、借金支払いの義務がなくならないことを言います。一般的に、自己破産は借金返済の義務がなくなります。要するに、借金を返済しなくて良いということ。しかし、免責不許可決定になると、借金支払いの義務がなくなりませんから、当然自己破産でも借金は残ってし...