自己破産したら持っているクレジットカードも使えなくなる?

自己破産をすると新しくクレジットカードを作ることは難しいというのはとても有名です。

 

ブラックリストに載るので、新しくカードを作るときの審査の段階で引っかかってしまうのです。

 

 

ただ気になるのは今持っているクレジットカードを残すことはできるのか?という点です。

 

もし仮に今持っているクレジットカードが使えれば、新しく作る必要はないですからね。

 

クレジットカードがあったほうが買い物が便利になるので、一つだけでも残しておきたいという人は多いです。

 

しかし、残念ながら自己破産をすると今持っているクレジットカードも使えなくなります。

 

 

 

クレジットカードはたとえ1回払いで支払っていたとしても、借金に分類されます。

 

カード会社に一度借金して後から返済しているというのがクレジットカードの仕組みです。

 

借金のように見えなくても借金なので、注意したいところですね。

 

なので、自己破産をするときにはどのクレジットカードを持っているかを裁判所に教えなければいけないので、今持っているすべてのクレジットカードが使えなくなります。

 

 

仮に全く使っていないカードがあった場合、借金していないわけだから書類に書く必要がないと思うかもしれません。

 

確かに手元に残しておいても大丈夫かもしれませんが、クレジットカード会社は数か月に1度信用情報をチェックしています。

 

定期的にブラックリストになっていないかをチェックしているので、自己破産をしたら数か月後には使えなくなることがほとんどです。

 

 

 

下手にクレジットカードを残そうとするよりも、正直に告げた方がいいですね。

 

万が一、ばれたら免責が下りない可能性もあります。

 

自己破産をするとクレジットカードを持つことは難しくなりますが、似たような感じで使えるデビットカードなら新しく作ることができます。

 

どうしてもクレジットカードが必要というときには、代わりにデビットカードを作ってみてはどうでしょうか?