賃貸借契約中に破産の申し立ては可能か?

 

賃貸借契約とは、長期的な契約のことを言います。

 

そのため、賃貸借契約中に賃借人が破産してしまう・・・
というケースは少なくありません。

 

 

この場合、賃貸借契約はどうなってしまうのでしょうか?

 

当然ですが、賃借人が破産をしても、賃貸借契約は終了しません。

 

それは、破産免責は破産者の金銭債務の弁財を免除することになるからです。

 

 

実は、以前までは賃貸借契約中でも破産を理由に解除が可能でした。

 

しかしその後条約が削除されたため、現在では解除が不可能になってしまいました。

 

ちなみに、以前までの民法では、「第621条・賃借人が破産した場合、
賃貸人から解約申し入れが可能」と定められていました。

 

 

ただ、賃貸借契約書に解除が可能という旨が書かれていた場合は、
解除が制限されるものの、解除不可能ということにはなりません。

 

よって、「無効」ということになります。

 

 

 

一般的には、賃貸借契約中の解除は不可能です。

 

 

破産の申し立ての内容はさまざまです。

 

状況によっては完全に破産できない場合もありますから、
事前に自己破産について調べておくと助かるでしょう。