自己破産後は今までの生活を送ることはできるのか?

 

自己破産とは、言葉のとおり「破産」することを言います。

 

借金の返済の見通しがつかず、返済困難になってしまうことで、
自己破産をすると保有している財産はすべて失われます。

 

それが、いわゆる「自己破産」というものになります。

 

 

 

では、生活はどうなるのでしょうか?

 

財産を失って、今までどおりの生活を送ることは可能なのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、多少の規制はあるものの、
今までどおりの生活を送ることは十分可能です。

 

もちろん贅沢はできませんが、借金を抱えている毎日のことを考えると、
すっきりとした毎日を送れるのではないでしょうか?

 

 

ただ、生活はできても、就職に問題が生じてきます。

 

破産後でも、生活は今まで通り送ることができます。

 

しかし、就職では一定の職に就くことができなくなります。

 

特に専門的な職であれば、破産後はその職に就くことは難しいですね。

 

でも、履歴書に自己破産をしたということを記載する必要はありません。

 

破産したことを記載してしまうと、その時点で職に就けなくなるからです。

 

 

また、信用情報期間に登録されますから、
5〜10年はローンを組んだりクレジットカードを作ることはできなくなります。

 

 

・一押しサイト

 

カードローン 返済できない

 

カードローンが返済できないとどうなるかについて詳しく説明しています。

 

カードローンの返済が苦しい場合にはこちらの記事を参考にすることをお勧めします。