破産後にカードを作ることはできるのか?

 

一般的には、破産後のカード作成はNGとなっています。

 

もしカードを作りたいのであれば、最低でも5年は待たなければいけません。

 

 

というのも、自己破産をすると「信用情報機関」に登録されます。

 

この信用情報機関は、自己破産だけでなく任意整理や個人再生など、
「債務整理」を行うと必ず登録されます。

 

信用情報機関とはいわゆる「ブラックリスト」のことを指しますから、
ブラックリストに載っている間は、カードの作成は難しくなるでしょう。

 

 

とはいえ、近年はさまざまな金融会社が存在します。

 

消費者金融ともなれば、審査が甘いところも多いので、
破産後でもカードを作ったり借入ができるところもあります。

 

 

 

カードが完全に作れるようになるためには、5年は待つ必要があります。

 

長い方は7〜10年かかりますが、この期間を過ぎれば、
基本的にカードを作ることが可能です。

 

ただし、カードの作成は無職ではNGです。

 

きちんと定職に就いており、安定した収入があることが条件になります。

 

どんなに審査が甘いカード会社でも、きちんとしておきたいですね。

 

 

まずは破産後でもカードが作れる会社を探しましょう。