自己破産後に遺産相続したら債権者に借金返済する義務はあるのか?

自己破産をするときには、お金がないから借金をチャラにしてもらうわけですが、自己破産後にまとまったお金が手に入ることもありますよね。

 

例えば、遺産相続で親の遺産を受け継いだなんてパターンもあります。

 

ごくわずかな遺産なら問題ないかもしれませんが、1000万円以上の高額な遺産を相続した場合にはどうなるのか気になりますよね?

 

本来であれば返済するべき借金をチャラにしたわけですから、その後取り立てられる心配をするのも当然のことです。

 

 

 

しかし、自己破産で免責が認められた後なら、借金を返済する義務はありません。

 

免責が認められた時点で、それまでに借りたお金は返済する必要がなくなるのです。

 

自己破産後にどんなに財産を築いたとしても返済する必要はありません。

 

 

事業者や経営者の中には過去に莫大な借金を抱え自己破産をしながらも、その後大成功したという人も数多くいます。

 

当然その人たちも過去の借金を返済しているわけじゃありません。

 

なので、遺産相続で財産を手に入れたからと言って、債権者に借金は返さなくても大丈夫です。

 

そもそも取り立てに来ないと思いますが。

 

 

 

なので、遺産相続をするときに自分が相続しても債権者にとられるだけだから、相続破棄しようなんて考える必要はありません。

 

普通に遺産を相続すればOKです。

 

ただ注意したいのは、遺産相続の場合借金も相続することになるので、財産が多いのか、借金が多いのかだ毛は事前にチェックしておいた方がいいですよ。