破産の履歴は何年で消すことができる?

 

破産だけでなく、債務整理をすると「履歴」が残ります。

 

この「履歴」とは、いわゆるブラックリストのこと。

 

ブラックリストは信用情報機関のことを言い、
自己破産や任意整理など債務整理を行うと、
必ず登録されることになります。

 

 

 

履歴は、1年や2年で消えるものではありません。

 

最低でも5年。

 

長い場合は、10年かかると言われています。

 

しかし、なかには10年経ってもクレジットカードを申し込むことができなかったり、
ローンが組めない場合があると言われています。

 

特に自己破産をすると、この傾向が強いようですね。

 

 

でもなぜ、10年も経っているのに、
クレジットカードを申し込むことができないのでしょうか?

 

ブラックリストの履歴からは消えたはずでは・・・?

 

審査が厳しいところは、10年経っても申し込みは不可な場合があります。

 

また、以前利用していた会社は、
基本的に審査に落ちやすいため、利用は困難でしょう。

 

 

 

問題は、”信用状況”です。

 

自己破産は良いイメージはありません。

 

借金の返済ができなかったわけですから、
どうしても10年経っても申し込みができない場合があるようです。