自己破産をしたあとの復権について知っておこう

 

自己破産をすると、さまざまな規定がなされます。

 

そのため、一定の職に就くことができなかったり、
完全に元の生活に戻るのは難しいと言われています。

 

もちろん、抱えていた借金がゼロになるわけですから、それだけでも安心できるもの。

 

しかし、制限されることが多いため、自己破産をするには大きな覚悟が必要になります。

 

 

でも、破産後には、「復権」という権利があります。

 

この権利によって、法的な制限がなくなりますので、
それまでは破産手続きをしてもなかなか元の生活には戻れませんでしたが、
復権によって戻ることができるようになります。

 

もちろん、復権するためには手続きをしなければいけません。

 

 

 

ちなみに、復権には2つの方法があります。

 

1.一定の要件が定められた場合
2.破産者の申し立てに基づいた裁判で復権

 

 

また、破産を申し立てた時に、
免責を受けている場合は免責が決定するとすでに復権していることになります。

 

ただ免責不許可決定の場合は、10年後に復権できます。

 

後者は、詐欺破産の罪による有罪判決は受ける必要はありません。

 

 

詳しいことに関しては、弁護士または司法書士に相談してみましょう。