自己破産後でも賃貸マンション・アパートの保証人になれるか?

自己破産をすると、信用情報がブラックになります。

 

いわゆるブラックリストに載るというやつです。

 

こうなるとお金を借りられない、ローンを組むことができないなど様々な不都合が生じてきます。

 

 

そもそもブラックリストに載るというのは、返済能力の信用がない人とみなされます。

 

自己破産をひどい言い方をすれば、合法的な借金の踏み倒しです。

 

そんな人を再び信用してお金を貸すなんてことはやはりできません。

 

だからこそ、ローンを組むときやクレジットカードを作るときなどにはブラックリストに載っているかどうかをチェックするんです。

 

 

 

それでは賃貸マンションやアパートを借りるときの保証人はどうなるのでしょうか?

 

 

部屋の賃貸における保証人も、借主が家賃を滞納した場合に代わりに支払ってもらう役割があります。

 

支払い能力に問題があるかどうかが重要になってきます。

 

なので、自己破産をすると、保証人にはなれないような気がしますが、

 

実は何の問題もなく保証人になることができます。

 

 

 

というのも、保証人の支払い能力を見るときに、信用情報をチェックしないからです。

 

ブラックリストに載っているかどうかは問題じゃないのです。

 

普通に収入があれば、保証人としての務めを果たすことができます。

 

 

 

話をまとめると、自己破産後でも賃貸マンションやアパートの保証人にはなることができます。

 

もちろんこちらからあえて自己破産をしたことは言わないほうがいいでしょう。

 

そんなことをしてわざわざ不利な状況を作る必要はありません。