破産手続きをすると著作権はどうなる?

破産をすると、処分しなければいけない財産があります。

 

「自己破産は手続きするとすべて財産が処分されるのでは?」

 

と思う方が多いと思いますが、なかには処分されない財産もあります。

 

それを前提に、破産と著作権について説明しますね。

 

 

基本的に、自己破産をすると持っている財産は失います。

 

一番分かりやすいのが、「マイホーム」ですね。

 

不動産や動産は、基本的に破産申し立てをすると処分されます。

 

 

しかし、処分するのは不動産だけではありません。

 

先ほども話に出ましたが、「著作権」もおおいに関係してきます。

 

逆に、税金や社会保険、罰金などは自己破産をしても処分はされません。

 

 

 

ただ、個人の方が破産をしてしまうと、その後の生活が困難になってしまいます。

 

一切生活ができないような状況にはならず、
完全に財産が失われるということもありません。

 

著作権や不動産といった財産は、
破産をする上で”必ず手放さなくてはいけないもの”

 

それ以外の財産であれば、残せる場合もあります。

 

 

ちなみに、個人の自己破産の場合、「自由財産」という方法があります。

 

会社の破産では選択できませんが、個人で破産の手続きを行う場合は、
少しでも財産を残し生活しやすいように手続きをしてくれます。