破産をしてしまうと自動車はどうなってしまう?

自己破産をすると、持っている財産がどうなるのか気になりますよね。

 

一般的には「処分」となりますが、
最低限生活できる程度には残すことはできると言われています。

 

では、自動車はどうなのでしょうか?

 

 

この場合、自動車のローンによって大きく異なります。

 

もしローンが残っていない場合は、
自動車の時価20万円〜に限り原則として処分されます。

 

しかし、自動車のローンが残っている場合は、
ローン会社との契約でローンが完済するまでは処分はされません。

 

とはいえ、最終的には処分されますから、
ローンが残っているか否かで処分が先延ばしにされるか、
というだけのことになります。

 

また、ローンが残っている場合は、
所有権がローン会社の保留されていることになります。

 

 

 

これが、破産をする上でのリスクのひとつになります。

 

破産には「自由財産」と言って、財産を処分せずに済む方法もありますが、
一般的には持っている財産は処分されてしまうと考えておきましょう。

 

 

どうしても車が必要という方は、第三者にローンを支払ってもらい継続するか、
第三者に自動車を買い取ってもらい、その自動車を借りるという方法があります。

 

しかし、自分の所有物にすることはできません。