自己破産後にアパートや賃貸マンションなど部屋を借りられる?

自己破産をすると、すべての財産を失ってしまうと言われています。

 

それに家すらも没収されるなんて話を聞きますよね。

 

そういうイメージが広がって、アパートや賃貸マンションなどの部屋を借りることができるのだろうか?という不安を抱える人もいます。

 

住む場所がなくなったら困りますからね。

 

当然の心配だと思います。

 

 

 

自己破産をしても、アパートや賃貸マンションなど部屋を借りることはできます。

 

 

何の問題もなく、すべての部屋を借りることができるかというと、少し微妙なところがあります。

 

というのも、部屋を借りる際に保証会社がついている物件があります。

 

保証会社がついている物件は借りにくくなるのが現状です。

 

 

 

保証会社を使う場合には、審査があります。

 

自己破産をしていると、審査で通らない保証会社があるのです。

 

それは信販系の保証会社で、審査をする際に信用情報をチェックするので、過去に自己破産をしていると審査が通らなくなるのです。

 

 

また保証会社には民間系もあります。

 

こちらは自己破産したかどうかに関係ないので、自己破産をした後でも審査は通ります。

 

ただし注意点としては

 

過去に家賃滞納をしていると審査に通らないです。

 

自己破産をする前に、家賃滞納をしていたという場合には、残念ながら民間系の保証会社を使うことができないです。

 

なので、自己破産後に部屋を借りる際には保証会社の利用を注意しましょう。

 

 

 

ちなみに、保証人を用意すれば、保証会社を使わなくても済みます。

 

自己破産をしたからと言って部屋を借りられなくなるわけではないので、安心してください。