自己破産後について記事一覧

両親が自己破産をしていると、両親の信用情報はブラックです。ブラックリストに載っていると、信用がないのでお金が借りられなくなります。そのため奨学金を借りるときに、連帯保証人としての能力に問題があることになります。それじゃあ、親が自己破産したら子供は奨学金を借りられないのか?そんなことはありません。親が自己破産をしても、子供が奨学金を借りることはできます。決して子供の返済能力に問題があるわけではなく、...

自己破産をすると、すべての財産を失ってしまうと言われています。それに家すらも没収されるなんて話を聞きますよね。そういうイメージが広がって、アパートや賃貸マンションなどの部屋を借りることができるのだろうか?という不安を抱える人もいます。住む場所がなくなったら困りますからね。当然の心配だと思います。自己破産をしても、アパートや賃貸マンションなど部屋を借りることはできます。何の問題もなく、すべての部屋を...

自己破産をすると、信用情報がブラックになります。いわゆるブラックリストに載るというやつです。こうなるとお金を借りられない、ローンを組むことができないなど様々な不都合が生じてきます。そもそもブラックリストに載るというのは、返済能力の信用がない人とみなされます。自己破産をひどい言い方をすれば、合法的な借金の踏み倒しです。そんな人を再び信用してお金を貸すなんてことはやはりできません。だからこそ、ローンを...

自己破産をするときには、お金がないから借金をチャラにしてもらうわけですが、自己破産後にまとまったお金が手に入ることもありますよね。例えば、遺産相続で親の遺産を受け継いだなんてパターンもあります。ごくわずかな遺産なら問題ないかもしれませんが、1000万円以上の高額な遺産を相続した場合にはどうなるのか気になりますよね?本来であれば返済するべき借金をチャラにしたわけですから、その後取り立てられる心配をす...

自己破産をすると新しくクレジットカードを作ることは難しいというのはとても有名です。ブラックリストに載るので、新しくカードを作るときの審査の段階で引っかかってしまうのです。ただ気になるのは今持っているクレジットカードを残すことはできるのか?という点です。もし仮に今持っているクレジットカードが使えれば、新しく作る必要はないですからね。クレジットカードがあったほうが買い物が便利になるので、一つだけでも残...

自己破産をすると様々な制限が出てきます。本人の制限が一番大きいですが、借金をした責任という意味でも甘んじて受けるという人は多いと思います。しかし、自己破産をすることで家族が嫌な目に合うのだけは避けたいという気持ちを持っている人も多いです。そこで今回は自己破産をした場合に家族にどんな影響が出るのかを紹介していきます。まず自己破産をすると、財産を手放さなくてはなりません。その中でも家族に影響が出そうな...

自己破産をすると、クレジットカードが作れないとよく言います。クレジットカードに似たようなプリペイドカードはどうなんでしょうか?結論をいいますと、プリペイドカードなら新しく作ることができます。クレジットカードを作るときに問題になるのが、ブラックリストに載っているかどうかです。ブラックリストだとカード審査のときに許可が下りないので作ることができないのです。でも、プリペイドカードを作るときにはブラックリ...

高速道路を使う人が多い人にとっては、ETCカードはよく使うと思います。一度使い始めたら有人の支払いなんて面倒でしょうがないですよね。スムーズな運転のためにもETCを使いたいところです。ただ自己破産をしてしまうと、ETCカードは使えなくなります。また新しく作ることも難しいです。なぜかというと、自己破産をするとブラックリストに載るのでクレジットカードが作れなくなります。ETCカードはクレジット機能付き...

自己破産をすると、持っている財産がどうなるのか気になりますよね。一般的には「処分」となりますが、最低限生活できる程度には残すことはできると言われています。では、自動車はどうなのでしょうか?この場合、自動車のローンによって大きく異なります。もしローンが残っていない場合は、自動車の時価20万円〜に限り原則として処分されます。しかし、自動車のローンが残っている場合は、ローン会社との契約でローンが完済する...

破産をすると、処分しなければいけない財産があります。「自己破産は手続きするとすべて財産が処分されるのでは?」と思う方が多いと思いますが、なかには処分されない財産もあります。それを前提に、破産と著作権について説明しますね。基本的に、自己破産をすると持っている財産は失います。一番分かりやすいのが、「マイホーム」ですね。不動産や動産は、基本的に破産申し立てをすると処分されます。しかし、処分するのは不動産...

自己破産をすると、さまざまな規定がなされます。そのため、一定の職に就くことができなかったり、完全に元の生活に戻るのは難しいと言われています。もちろん、抱えていた借金がゼロになるわけですから、それだけでも安心できるもの。しかし、制限されることが多いため、自己破産をするには大きな覚悟が必要になります。でも、破産後には、「復権」という権利があります。この権利によって、法的な制限がなくなりますので、それま...

破産だけでなく、債務整理をすると「履歴」が残ります。この「履歴」とは、いわゆるブラックリストのこと。ブラックリストは信用情報機関のことを言い、自己破産や任意整理など債務整理を行うと、必ず登録されることになります。履歴は、1年や2年で消えるものではありません。最低でも5年。長い場合は、10年かかると言われています。しかし、なかには10年経ってもクレジットカードを申し込むことができなかったり、ローンが...

一般的には、破産後のカード作成はNGとなっています。もしカードを作りたいのであれば、最低でも5年は待たなければいけません。というのも、自己破産をすると「信用情報機関」に登録されます。この信用情報機関は、自己破産だけでなく任意整理や個人再生など、「債務整理」を行うと必ず登録されます。信用情報機関とはいわゆる「ブラックリスト」のことを指しますから、ブラックリストに載っている間は、カードの作成は難しくな...

自己破産とは、言葉のとおり「破産」することを言います。借金の返済の見通しがつかず、返済困難になってしまうことで、自己破産をすると保有している財産はすべて失われます。それが、いわゆる「自己破産」というものになります。では、生活はどうなるのでしょうか?財産を失って、今までどおりの生活を送ることは可能なのでしょうか?結論から言いますと、多少の規制はあるものの、今までどおりの生活を送ることは十分可能です。...

賃貸借契約とは、長期的な契約のことを言います。そのため、賃貸借契約中に賃借人が破産してしまう・・・というケースは少なくありません。この場合、賃貸借契約はどうなってしまうのでしょうか?当然ですが、賃借人が破産をしても、賃貸借契約は終了しません。それは、破産免責は破産者の金銭債務の弁財を免除することになるからです。実は、以前までは賃貸借契約中でも破産を理由に解除が可能でした。しかしその後条約が削除され...