自己破産と同時破産について徹底解明しよう!

 

自己破産には、「同時廃止」という手続きがあります。

 

同時廃止とは、債務者が換価するほどの財産がないことが、
最初から分かっている場合に行う手続きのこと。

 

そして、破産手続き開始決定と同時に、
破産管財人の選任をせずに破産手続きが終了することを言います。

 

 

通常、破産開始が決定すると、同時に裁判所が破産管財人を選任します。

 

選任されると、破産者の財産は調査され、
換価・処分によってそれに応じて配当されることになります。

 

しかし、前途のとおり同時廃止となると換価するほどの財産がないことが前提となっていますから、
破産者の負担をへらすために、「同時廃止」が行われます。

 

 

 

同時廃止されると、債権者の配当はありません。

 

ただ、「免責許可の決定」の手続きが行われます。

 

この手続きで決定が下されたら、免責を受けることができるようになります。

 

しかし不許可決定であった場合は、当然免責を受けることはできなくなります。

 

 

一般的に、破産手続きによる同時廃止の割合は、約90%程度。

 

というのも、自己破産をされる方は、ほとんどが財産をもってないに等しいからです。

 

近年では、「少額管財事件」という制度も決まりました。

 

 

一押しサイト

 

借金 時効 何年