自己破産問題と離婚問題の2つの問題を解決する方法

 

借金問題によって、離婚を検討される方は少なくありません。

 

夫が、妻が、大きな借金を抱え、家計が苦しくなってくると、
一緒に生活をするのが困難になります。

 

 

「いつかまた幸せな生活を送れるように・・・」

 

 

と、毎日頑張って借金を向き合う夫婦もいるでしょう。

 

 

しかし、そんな努力とは裏腹に、夫・妻が借金問題解決の努力をしなければ、
当然《離婚》という言葉が出てきます。

 

このように、借金問題と離婚問題を同時に抱えている場合、
どちらを先に解決するべきなのでしょうか?

 

離婚を先にするべきなのか?

 

それとも、借金問題を先に解決するべきなのか・・・?

 

 

離婚をしてからの自己破産で気になるのは《免責》です。

 

離婚直後に破産手続きをすると、免責がおりない場合があると言われています。

 

もちろん、必ずしも免責がおりないというわけではありません。

 

でも、離婚直後は、”財産隠し”と思われることがありますので、
その可能性は高くなってしまいます。

 

 

 

ですから、離婚と借金、2つの問題を抱えている場合、
離婚前に自己破産をすることで、
大きなトラブルを防ぐことができるようになります。

 

この時、破産をするだけでなく、真剣獲得の主張や子育て、
収入面の確保、就職先などもきちんと計画を立てておくことが大切です。

 

 

一押しサイト

 

クレジットカード 返済できない