破産手続きを弁護士に代理人になってもらう場合

ほとんどの方は、自己破産などの債務整理は弁護士に依頼されている方がばかりだと思います。

 

自分で進めることもできますが、専門分野ですので、
知識がないと扱いは難しいでしょう。

 

また、頻繁に破産手続きをしている方は滅多にいませんから、
大半がはじめての債務整理になります。

 

はじめての方は、やはり弁護士などに代理人になってもらうほうが安心ですよね。

 

 

ただ、弁護士に代理人になってもらうからといって、
必ずしもメリットばかりあるわけではありません。

 

弁護士への依頼は、1人1人状況・知識などによって変わります。

 

ですから、弁護士に依頼をしたからと言って、
スムーズに借金問題が解決できるわけではありません。

 

 

また、破産手続きは、他の債務整理よりも金額が高くなると言われています。

 

それでも、1日でも早く新生活をスタートさせたい方や、
抱えている借金問題を一刻も早く解決したい方は、弁護士に依頼したほうが確実でしょう。

 

 

 

ちなみに、破産手続きの代理人は弁護士のみです。

 

司法書士は代理人になることはできませんので、理解しておきましょう。
また、家族や身内が代理人になることも不可能です。